iStay

自然とともに自分らしく!

*

ツリーハウスの作り方3つのポイント

      2015/11/22

ツリーハウスが静かなブームになっています。

宿泊施設になっているものから、「ツリーハウス・ビルダー養成講座」、さらには、「ツリーハウス・キット」まで存在します。

ここでは、大まかにポイントを3つに分けて、その作り方をお教えします。

 

ポイント1

―「完成した姿」を思い描く

2015091120

まず、基礎となる木をもとにして、「完成した姿」を思い描いてください。

出来るだけ具体的に!

そうすることで、どういうステップを踏んで完成まで辿り着くのかが、おのずと見えて来ます。

“どうしてるツリーハウスを作りたいのか”、“どういう使い方をしたいのか”“どんな人が使うのか”をイメージしながら、“完成した姿”を思い描きます。

土台になる木は“一本”なのか、それとも“複数”なのか。

それだけでも、工程が違ってきます。

まずは、“創造の翼”を広げてみてください。

 

ポイント2

-土台になる木のダメージを極力抑えて足場と床を作る

2015091122

木の形に応じて、“挟み込む”ようにするのか、それとも“上に置く”ようにするのか。

まず、作業に必要な足場を作ります。

そして、木の形状に応じた方法で床の土台を作ります。

丸太や角材を組んで作り、その上に、耐荷重を考慮した床材を敷き詰めます。

このとき、先に作った作業のための足場がしっかりできていれば、工程は容易に進みます。

安全第一です!

なにしろ、高所での作業ですから。

床の形ができあがれば、あとは壁と屋根を点ければ、完成が見えて来ます。

さらにデッキスペースや手すりの形状、そして梯子の場所も考慮して作業を進めていきます。

もし、作業を進めていく段階で、どうしていいか、わからなくなり、“ノウハウ”が必要となった場合、「ジャパン・ツリーハウス・ネットワーク」という団体もありますので、相談してみてください。


 

ポイント3

ーツリーハウスのある生活を楽しむ

2015091123

思い描いていた形の“ツリーハウス”が完成したら、必要に応じて、インフラを整えます。

もし、友人や家族で集まって楽しむだけならば、インフラを整えなくても、十分要求に応えてくれます。

しかし、実際に寝泊まりするのであれば、電気の問題も出てきます。

さらに、寝泊まりするような長時間、留まるのであれば、一つ気をつけておかなければならないことがあります。

それは、“軽い船酔い”になるということです。

やはり、木の上ですから、揺れます。

短い時間なら問題はないのですが、寝泊まりするくらいの長時間だと、“船酔い”対策が必要です。

また、風でも揺れますし、室内を移動するだけでも揺れます。

これも、“ツリーハウス”の“楽しみの一つ”と割り切って楽しんでください。

生活の一部に“ツリーハウス”があると、それだけで、ありふれた日常生活が、まったく違ったものに感じられるようになります。

イギリス人の話ですが、「釣りをしている時間は、人生の時間とは別の時間である」ということわざがあります。

それと同じように、“ツリーハウス”で過ごす時間は、“人生とは違う時間”を過ごしている特別な時間になること、請け合いです。

Sponsored Links

 - 住まい