iStay

自然とともに自分らしく!

*

軽キャンピングカー 自作のとき注意すべきポイントはコレ!

      2015/09/12

団塊の世代を中心に、「軽キャンピングカー」が人気を博しています。

「定年退職後、夫婦2人で自由気ままに、安く旅行をしたい」という要望から、「軽キャンピングカー」が注目されるようになりました。

自作する人も多いのですが、しっかり事前のリサーチをしないと、思わぬ落とし穴も……。

“既製品と自作”、どっちがお得?

2015091130

「軽キャンピングカー」は、専門ショップの完成したものだと150万円からあります。

少しでも安く手に入れたいということで、自作する人も少なくありません。

でも、素人が作るので、一度作ってもうまくできなかったり、気に入らなかったり。

さらには、思わぬ工具を買ったりと、どんどん出費がかさむケースも少なくありません。

また、ベースになる軽自動車も、すでにある場合はともかく、新たに中古車を購入してという場合は、40~50万円ほどの出費になります。

さらに、あまり古い車だと、あちこち修理して、予算をオーバーしてしまうこともあります。

それならば、いっそのこと“専門ショップ”で完成したものを購入した方が安上がり、ということになりかねません。

そこで、そういう不測の事態も含めて、“自作の魅力”として楽しめる方には、お勧めです。

使用目的を絞りこんで、よりシンプルに

2015091132

大きめの車がベースの“キャンピングカー”ならば、あれもこれもと、いろいろと装備を充実させることも可能です。

しかし、“軽自動車”がベースとなると、そう欲張ってもいられません。

“リビング”になって“寝室”になって、“ギャレー”としても充実していて。

さらに、“トイレ”と“シャワー”というのは、無理です。

どれかを“捨てる”ことが失敗しないポイントです。

そうなると、「軽キャンピングカー」に望まれる一番の機能は「寝室」です。

あとの機能は、“道の駅”と道路脇のお店で、なんとか代用できます。

また、専門ショップでは「寝室」に特化した「13万円」前後の「キット」も販売されています。

あると便利な“ギャレー”を自作

 

20150912001

車内泊で、「ちょっと小腹がすいた」というときに、あると便利な“ギャレー”。

専門ショップでは“フロアマットとギャレーのセットで29万円”というのがあります。

これを自作します。

自作のポイントは、必要な板を切り出すときの型紙作り。

一度、段ボールで型紙を作ります。

設置場所の形状に合わせて型紙を切り出します。

この作業の完成度が高いほど、出来上がりが綺麗になります。

簡単な棚とシンク。

その下に給水と排水用の10Lのポリタンクを2個セットします。

団塊の世代を中心に、注目度の高い“軽キャンピングカー”です。

さらに、大きなキャンピングカーと比べると日常の足としても使え、経費も低く抑えることができます。

アウトドア・スポーツにどっぷりつかっている若い世代にも、お勧めです。

Sponsored Links

 - アウトドア