iStay

自然とともに自分らしく!

*

車中泊グッズ、これがあれば便利!

   

自動車を使っての旅行で、宿泊費を浮かすための車中泊は有効な手段です。

場所は「道の駅」だったり、高速道路の「パーキングエリア」だったり「サービスエリア」だったり。

そんな時に、“これがあると便利!”という“グッズ”を紹介します。

毛布よりも封筒型シュラフ

「毛布でもいいじゃないか」と思われる方もいらっしゃると思いますが、やはり“シュラフ(寝袋)”をお勧めします。

それも、四角い封筒型のもの。

シュラフには袋状の“マミー型”と、四角い“封筒型”の2種類があります。

特に車中泊には“封筒型”をお勧めします。

封筒型は大半がファスナーを外すと一枚の大きな掛け布団のようになります。

春夏秋のスリーシーズンなら薄手の物。

冬だったら、中綿のしっかりした物を使ってみてください。

“便利グッズ”であることに気づいていただけると思います。

シュラフの利点は、毛布のように毛羽立っていないので汚れが付着しにくく、さらに取り扱いが楽です。

軽い汚れなら、さっと拭けば取れますし、万が一汚れても気軽に洗えます。

結構、ラフに扱っても気にならないところが、使い勝手の良さにつながっています。

ぜひ、試してみてください。

デザインもフォルクロ―レっぽいものから可愛いものまで、色々楽しめます。

 

車内で家電製品が使えるようになるインバーター

ノートパソコンやタブレット端末、携帯電話の充電など、100Vのコンセントが車内にあるといいのに、と思えることが多々あります。

そんなときに、車内で電源を確保できるインバーターがおすすめです。

あると心強いです。

特に最近は、ノートパソコンやタブレット端末、それに携帯電話を持ち歩く人が多いことからも、充電のためにもあると安心です。

周辺の情報を確認したり、メールで情報交換をしたり、現代人の生活には欠かせない必需品です。

そのためにも電源確保は、重要課題です。

大きな電力を必要とする物には不適切ですが、小さい物なら何とかまかなえます。

ちなみに家庭用の掃除機は無理でした。

旅に出かける前に、一度試してみてください。


 

切り替え一つでどちらにもなる、ポータブル保冷温庫

クーラーボックスもいいのですが、さらに一歩進めて、家庭でも車内でも使える「ポータブル保冷温庫」をお勧めします。

これは、その名の通り、夏は“保冷庫”として、冬は“保温庫”として使えます。

さらに車内だけでなく、家庭でも使えます。

自分の身近なところに置いておいて、飲みたいときに利用するというのも“あり”です。

旅先での車内泊の時、寝る前に“暖かい焼き鳥”でちょっと一杯というのも“あり”です。

最後のコンビニで買ったお弁当を温めておいて、林道を詰めていった登山口の駐車場で“暖かい夕食”というのも、“あり”です。

保冷温庫は車中泊で、きっと“強い味方”になってくれること、請け合いです。

Sponsored Links

 - アウトドア