iStay

自然とともに自分らしく!

*

スノボー初心者用のコツ!自宅でもできる練習法は?

      2015/10/01

272-foto-de-snowboard

秋も中盤!

初冠雪を迎えた山もちらほら聞くようになってきました。

もうすぐウィンターシーズンの到来ですね。

今年はスキーですか?

スノーボードですか?

スノーボードを始める方、またはスノーボードをやっている方もうそろそろ準備に入りませんか?

スノーボードの初心者用コツ

スノーボードのコツは、スノーボードにもいろいろ種類があるので一概には言えませんが横乗りになるスポーツですから普段からスケートボードやサーフィンなどをやっている方はすぐにスノーボードにも乗れているような気がします。

また、プロライダーたちもオフトレにはサーフィンスケートボードなど横乗りの感覚を忘れないようにトレーニングしている方がたくさんいらっしゃいます。

何も横乗りをしていないよりは、何かやっている方が有利にはなります。

もし雪がないときであれば、まずはそういったスポーツを体験しておくといいですね。
 
さてスノボーのコツですが初心者用に2つを紹介します。

コツその1

目を使うことです。

スノボーには体のバランスがたいへん大切ですが、上を見ず、下を見ず、遠くを見ることによってバランスが取れます。

また左を見ると体が自然に左にねじれて左方向に進みます。

ですので「行きたい方向」を「見る!」って行為が大事なんですね。
 

コツその2

膝をおもいっきり曲げることです。

上体は曲げずに膝をおもいっきり曲げることによって、膝がクッション代わりの役割をして体のバランスを取ってくれます。

腰から下が曲がって、上半身は地面に対して垂直って感じにします。
 

まったく初めて今シーズン、スノボーに挑戦って方は初めてのとき、よくありがちなこと、例えば「倒れたときに一人では起き上がれない・・・」など知っておくといいですよ。


 

冬に向けてのトレーニング

スノーボードもシーズンはじめは上手に動けなくてすぐにバテてしまうこともあります。

今からトレーニングをして雪山でバテない体づくりをしておきましょう。
 

自宅でできる練習法

①筋トレ

普段、足腰を鍛えてない方はとくにスノボーに必要な筋トレを事前にしておくことをおすすめします。

まずは下半身強化のためのスクワット。

次に意外と使うのが腹筋、背筋ですので体幹トレーニングなどがおすすめです。

テレビのCMの間に腹筋、背筋など軽くトレーニングしておけばシーズン初めも楽になるかもしれません。


 

②スノボーに慣れる

スノボーを初めて始める方は、まずボードに慣れることが大事です。

ボードに実際足を装着して膝を曲げたり、前後左右に動いたり、倒れて起き上がる練習をしておくといいですよ。


 

③イメトレ

これが意外に大事だと思います。

先シーズンの楽しい思い出を再び思い出したり、好きなスノボーのyoutube動画等を見てスノーボードの滑りをイメージしましょう!

初心者の方はまず見てください。

そして雪山への思いを馳せましょう!

最初はターンができるまでも大変かもしれませんが美しい雪山で滑る自分を想像すれば練習も頑張れるはずです!!

ウェアー、ギア類のお手入れ

シーズンを通して相棒になるウェアやスノーボード、ビンディング、ブーツのお手入れをしましょう。

今シーズンはこんな滑りをしようと想像しながら相棒たちをお手入れしておけば、いつ雪が降ってもすぐに対応できます!

初心者のかたはまずお気に入りのウェア探しなどをしてみてはいかがでしょうか?

このシーズンになるとたくさんのギアブックなどが出版されます。

ご自宅でのんびりしながらギアブックを見てお気に入りの道具を探しましょう!!
 

シーズン券、リフト券の準備

雪山も近く、数多くすべる予定があるのであればシーズン券や、リフト券の早割で準備をしておくのがオススメです。

雪山が近くなくても早割でリフト券などを購入しておけば当日現地で購入するよりも断然お得に購入ができます。

まだ雪が降っていないし、気分がな~と言う前に一度はお気に入りのゲレンデの情報をチェックしておきましょう!

先に買っておけばもし冬に出費があってもとりあえず滑りにはいけますしね!

浮いた分で新しいギアも新調できるかもしれません。

まだまだ秋と言いつつもすぐに冬はやってきます。

今から準備しておけば雪が降ってもすぐに行動できるはずです!

秋のお天気のいい時間に準備しながら今年の雪山への思いを募っておきませんか?

Sponsored Links

 - アウトドア