iStay

自然とともに自分らしく!

*

ハーブの種類とその効能!目的別におすすめはコレ!

   

ハーブって、いろんな種類がありますけど、種類ごとにどんな効能があってどんな目的に使えるのか?

何となくわかっているようで、実は具体的によく知らなかったりします。

そこで今回は用途、目的別のハーブの種類と効能をまとめてみました!

1)お茶に使う!

まずハーブというと思いつくのが「ハーブティー」でしょう。

自宅で育てたハーブも、もちろんハーブティーに使用できます。

今回は育てやすく、活用しやすい3種類をご紹介します。

2015112317
 

・ミント

スーっとするにおいが特徴のミントは初心者でも増やしやすく、初めての時には植えておきたいハーブの1つです。

代表的なものはスペアミントやアップルミントなど。

カップ1杯分に対して10枚程度の葉を入れてお湯を注ぐだけでミントティーになります。

胃もたれのするときや、風邪のひきはじめに飲むとミントに含まれるスーっとする成分、メンソールのおかげでスッキリできます。
 

・レモングラス

イネ科のハーブで、その葉はイネやススキに似ています。

軽く触れただけでレモンのような香りが感じられる葉は、お料理やお茶としてとても使いやすいです。

レモングラスティーは好みの量の葉にお湯を注ぎ簡単に作れます。

香りはレモン風に爽やかで、消化促進やリラックス効果の高いハーブティーです。

 

・マロウ

初夏に紫色の花をつける見た目も美しいハーブです。

ハーブティーを楽しみたいな絶対に育ててみたい品種です。

マロウは生花もしくは乾燥させたお花にお湯を注いでお茶にします。

はじめはピンク色のお茶ですがそこにレモンを入れると、青色のお茶に変化するのです。

おもてなしにもオススメのお茶です。

お茶は鎮静作用があり、風邪のひきはじめなどに良く効きます。

 

2)料理に使う!

ハーブって料理に結構、重宝するんですが、意外に活用できていなかったりします。

どのような料理に合い、どのような効果があるのか、定番のハーブについて押さえておくといいですよ。

2015112318

 

・ローズマリー

料理に活用できるハーブの代表格であるローズマリーは、初心者にも育てやすいハーブの1つです。

お肉料理との愛称が良く、ローストする際の臭み消しとして最適です。

また、ハーブオイルにもできます。

殺菌作用や筋肉疲労を和らげる効果があるため、美容にも向いています。
 

・タイム

肉料理、魚料理ともに活用されるタイムも、育てやすい品種の1つです。

タイムには多様な種類があり、種類によって料理、お菓子やお茶、入浴剤などさまざまな使い道があります。

お料理に最も適しているのは、最も定番でもあるコモンタイムです。

効能は殺菌作用や強壮作用、気管支系の病気への効果など幅広く、活用し甲斐がありますよ!
 

・バジル

ピザやパスタなどに気軽に使えるバジルは人気のハーブの1つです。

生でトッピングに使っても良し、ペーストやオイルにしても良しで使い勝手バツグンです。

鎮静作用があり、腹痛や吐き気があるときに心も身体もスッキリさせてくれる効果があると言われています。

 

・ディル

ディルは魚との相性バツグンなハーブです。

糸状の葉を持つセリ科のハーブで、サーモンやマリネの飾り付けとして非常に良く使われています。

また、サラダのアクセントとしても使い勝手が良いです。

ディルには胃腸の働きを促進する効果があり、胃もたれや腹痛に効きます。

3)美容に使う!

”ハーブって健康に良さそう!”

そんなイメージも少なからずあると思いますが、実は食べて健康にいいだけでなく、美容に活用することもできるんですね。

2015112312
 

・ラベンダー

誰もが聞いたことのあるハーブの代表格であるラベンダーは、その香りを楽しむだけでなく、加工して美容にも役立てられます。

ドライフラワーを石鹸と混ぜハーブソープにしたり、花にお湯を注いで出来る浸出液を化粧水変わりに使用することもできます。

リラックス効果があるだけでなく、殺菌作用が高いのできめ細かい肌になります。
 

・カモミール

お茶としても有名なハーブですが、これも美容に最適なハーブの1つです。

入浴剤として葉や花を布で包み湯船に入れたり、ラベンダー同様ハーブソープにも向いています。

鎮静作用やリラックス効果が高い他、肌荒れの緩和に効きます。
 

・ゼラニウム

フルーツ系の香りを葉から醸し出すゼラニウムは人気のハーブの1つですが、美容にも活用ができます。

生の葉や茎は入浴剤としても重宝し、お湯に葉や茎を入れて香りを楽しめます。

お湯に抽出する方法を活用してハーブの香りを楽しめるスチームタオルも良いですよ。

女性ホルモンのバランスを整えたり、リラックス効果があるので心身ともに綺麗になれるハーブです。

種類はローズ、アップルなどがオススメです。

 
いかがでしたか?

ハーブにはたくさんの種類がありますが、まず今回紹介したような育てやすく、しかも活用しやすいハーブを育ててみるのもいいですよね。

是非試してみてくださいね。

Sponsored Links

 - ライフスタイル