iStay

自然とともに自分らしく!

*

農業を仕事にして移住するとき押さえておきたい情報はコレ!

   

地方移住を志すひとのなかには、農業を生業として田舎に移住をしたいと考えるひとは非常に多いでしょう。

しかし、実際にはどのように仕事を探せば良いか、何をきっかけに移住準備をスタートすべきか悩むケースがほとんどではないでしょうか。

そこで今回は、農業を仕事にして移住するときに押さえておきたい情報についてご紹介していきます。

就農のための助成金や自治体のサポート制度

まず挙げられるのが、自治体による就農のための助成金やサポート制度です。

代表的なものは、都道府県や各市町村が農林水産省から提供される青年就農給付金を活用した就農サポートの事業です。

新規就農希望者を募集し、研修などを通じての準備期間もしくは農場の経営開始から軌道に乗るまでの最長5年間、年間最大150万円を給付する制度です。

2015120630

この事業を実施する自治体では研修や暖簾分けという形で新規就農者への技術指導を行い、自立支援をしています。

農業を新たに始めるとなると地域のなかでの繋がりも非常に重要になります。

そのような面も含めて先輩農業者から指導を受けられることに加え、金銭的な補助があるというのは非常に心強い制度です。

また、こうした全国的に普及している制度以外にも、自治体ごとに就農を支援する助成金やサポート制度を持っているケースもあります。

気になる地域をいくつかピックアップし、受けられるサポートを把握した上で移住先を決めると良いでしょう。

NPOや企業の就農支援

自治体からのサポート以外にも、NPOや民間企業で就農支援事業を行っているケースがあります。

2015120631

 

NPO法人農業支援センター

http://www.nou-sien.org

フランチャイズ農場の新規就農育成プログラム、農業法人や大規模農家への就職、経営継承による就農など、就農するためのさまざまな機会を提供するNPO法人です。
 

NPO法人百姓塾

http://hyakusyojuku.net

農業研修を提供するNPO法人です。

米・野菜の作り方、田植えの方法、農耕機械の使用方法だけに止まらず、農作物や加工品の販売などまで幅広く指導しています。
 

株式会社GRA

http://www.gra-inc.jp/index.html

イチゴ栽培の設備設計、導入、栽培、収穫物の買い取りまで一貫支援する企業です。

このようなNPO・企業はほんの一例で、それぞれの地域に根付いたNPOや企業での就農支援も数多く存在しています。

取り扱う農作物や販路がそれぞれ特徴的であることも多いので、どの地域で行うかという点と併せてよく調べたいポイントです。

 

農業に関する求人サイトを活用しよう

次に挙げられるのは、農業に関する求人サイトです。

「農業の移住する=経営者として農場を立ち上げる」というケースばかりではありません。

2015120632

 

農家のおしごとナビ

http://www.agreen.jp

さまざまな雇用期間や栽培・育成する農畜産物の仕事が掲載される農業求人ナビです。

本格的な農業移住だけでなく、短期のお仕事も多く掲載されているため、「お試し移住」をしてから考えたいというひとにもオススメのメディアです。
 

あぐりナビ.com

https://www.agri-navi.com

農家のおしごとナビ同様、さまざまな雇用期間や雇用形態、業種の仕事が掲載されていることと併せて、農業スクールの情報が充実している点も参考になるポイントです。

さまざまな選択肢から就農を考えられるメディアです。

このような農業に関する求人サイトのメリットは、ダイレクトにそれぞれの農場や牧場からの求人が掲載されているという点です。

全国津々浦々の情報を見ることができるため、比較検討して移住先を考えるヒントが多くある点は他の情報源以上によいかもしれません。
 
今回は、農業で移住するための3種類の情報をご紹介しましたが、地域によってそれぞれ持っている制度や組織、情報は本当にさまざまです。

是非幅広い情報を集めて、比較して考えてみてください。

また、就農するという選択は多くのひとが慎重になるものです。

そうしたときには、これらに関連する相談会や見学会など生の情報が得られる場も活用して、納得のゆく選択ができるように準備を進めてみてくださいね!

Sponsored Links

 - 移住, 農業