iStay

自然とともに自分らしく!

*

田舎暮らしの楽しみ方、マイベスト3はコレ!

   

田舎暮らしのよさって、人それぞれの価値観からいろいろあると思います。

2591787198_1c6e0914e5

都会と田舎の暮らしを両方繰り返し経験してきて、今、田舎暮らしを3ヶ月ほどしています。

3ヶ月経って「田舎暮らしの楽しみ方って、何だろう?」と今一度振り返ってみると、田舎暮らしの楽しみ方マイベスト3は次の感じです。

よくよく考えてみると、田舎でないとできないことではなく、都会でもできることなんですが、都会だとコストが高く実現しづらいんだな~と思ってます。

それでは田舎の楽しみ方ベスト3の発表です!
 

ベスト1

自然を生活に取り込む

田舎の良さは、やはり自然が身近に存在すること。

例えば花見もちょっと車を10分ほど走らせると桜のきれいな場所で、さほど混みあわずに楽しめます。

先日も仕事帰りにポットにお湯を入れ、コーヒー豆、コーヒーミル、ペーパーフィルター、椅子、テーブルなどを車に乗せて挽き立てのコーヒーとスィーツを楽しみながら満開の桜を楽しみました。

Cerisiers_en_fleurs_au_parc_de_Sceaux

maxresdefault

都会でも近くの公園に行ってコーヒー、スィーツを買って楽しむことは可能ですが、椅子、テーブルを用意して自分でコーヒーを挽くとなると、結構それだけでも大変です。

田舎だと仕事が終わって自宅に戻り、荷物を車に乗せ、渋滞もない道路をちょっと走れば、気軽に優雅にコーヒータイムと花見が実現するわけです。

同じコーヒータイムでも「自分でコーヒーを挽いて淹れる」という何気ないことが、コーヒーのおいしさ、優雅なひとときにつながり、楽しいんですよね。

また田舎ですと広々とした庭付き戸建が安くで借りられますから暖かい陽気になってくると、朝ご飯を庭にテーブルをセッティングして、ゆったり楽しみながら、出勤ってことも日常になってきます。

夕食時も庭でバーベキューや焚火で焼きいもなど、お隣さんに気を使わずにできたりします。

camping-803592_960_720

山、川、海に近いだけでなく、居住空間の中に自然がより豊富に存在するんですね。

 

ベスト2

お気に入りのDIY

田舎には都会のようなくつろげるホテルのラウンジやカフェが、あまりありません。

古民家カフェなど増えてはきていますが、お客も少なく、狭いカフェが多いので、長居しづらい雰囲気を感じます。

ならばカフェに代わるサードプレイスを自宅に作ってしまうということも楽しいものです。

10797632983_36fcc9499f_o

広々した庭にカフェテラスやスモールハウスを作ったり・・・、まずは本やネットでいろいろ調べて、材料を調達して、自分のペースで作っていく・・・

まわりに「こんなものを作りたい」と話しておくと、廃材や木材ももらえたりして驚くほど安くで材料費も済んで、自分の理想とする居心地のよい場所を作ることも可能です。

ピザを焼くための石窯、冬場には囲炉裏や薪ストーブを作ると食生活も手作り感満載で楽しいですよね。

もともとよい食材がある田舎ですから、ストウブ(STAUB)、ダッチオーブンなどを使うと食材のよさが活きて、おいしさも倍増です。

その他にも木材でテーブルを作ったり、家をプロの力も借りながらリノベーションするのもいいですよね。

hqdefault

いきなりリノベーションはハードルが高いですが、最近はリノベーションスクールなどもありますので通ってみるのも手ですね。

 

ベスト3

時間に追われない生活をおくる

田舎と都会の仕事の違いは、田舎になればなるほど、効率にうるさくない気がします。

基本的に現在のビジネスは「限られた時間に最大限の成果を出す」という効率性が求められ、それが利益の源泉であったりするわけですが、田舎は効率性に関してゆるい感じがして、このゆるさがいいんですよね~

都会や大企業ほど歯車の一つというイメージが強いです。

だって、そうですよね~

一つ一つの仕事が正確な時間にできて、それらがかみ合って大きなものが動くわけですからね。

しっかり効率的に一つ一つの仕事がなされないと電車も時間どおり正確に運行しなかったり、ショッピングセンターや大病院なども時間どおりに開かなかったりします。

都会ほど便利な生活をみんなが送れるようにするために、そのしくみに一人ひとりがキチキチに組み込まれています。

その典型例が満員電車です。同じ時間に一堂に通勤して異常ですよね~

Rush_hour_Tokyo

都会って、なんか便利なようで、いつも時間に追われ、ストレスフルな生活を強いられているように感じます。

人って、もっと”いい加減”、”適当”でもいいのかもしれませんね。

”いい加減”、”適当”ってマイナスな言葉としてとらわれがちですが、よくよく漢字を見てみると、これっていい言葉ですよね。

料理の際、水が200㏄ほど必要なとき、きっちり200㏄を測るのでなく、プロの料理人でしたら、「いい加減、適当」という自分の直感で入れた方が本当においしいものができるのかもしれません。

 

田舎は都会に比べ、一般的に通勤時間が短く、残業もあまりない傾向があり、情報をスマホで常に追う必要もなく時間がゆったり流れている感があります。

都会人って、バカンスでゆっくり休むために普段、都会であくせく頑張って働くところもあると思いますが、そもそもバカンス的な場所で暮らして仕事をしていると、我慢して都会で仕事をする必要性ってなくなります。

田舎に自分の気に入る仕事があり、自分のペースで仕事ができれば、かなり豊かな生活を楽しめます。

teak-172642_960_720

午前中はサーフィンしてお昼をバーベキューランチを取り、それから集中して仕事に励み、夜は自宅のテラスで食事を気の合う仲間とお酒を飲みながら・・・というゆったりとした生活が日常的なものとなりますから。

surfer-823702_960_720

 

こういった田舎ならではの生活をエンジョイするためにも、「田舎での自分の楽しみ方って何なんだろう?」を振り返ってみたり、これから田舎暮らしを考えている人は楽しみ方を妄想してみるといいですよ!

Sponsored Links

 - ライフスタイル