iStay

自然とともに自分らしく!

*

四万十川でカヌーを体験!鳥のさえずりと静寂感が最高!

   

高知県四万十川に行ってきました。

IMG_5833

四万十川は初めてでしたが、有名なだけあって、雄大さは圧巻です!

 

ちょうど菜の花のきれいな時期で、お昼は菜の花の咲く入田河川敷物産販売でお弁当を買って、ベンチでいただきました。

IMG_5773

IMG_5768

四万十川は、全長196kmの四国内では最長の川で、長良川、柿田川とともに「日本三大清流の一つ」と呼ばれ、名水百選や日本の秘境100選に選ばれています。

四万十川って、比較的最近よく見聞きするようになったのですが、調べてみると、、、なるほどです!

以前は「渡川」という名称だったんですが、平成6年7月25日に「四万十川」と改名されたそうなんです。

道理で以前聞いたことのない川の名前でしたけど、最近見聞きするんですね。

四万十市のシンボルとして四万十川ってわかりやすくていいですよね。

四万十川には沈下橋という欄干がない橋が47あります。

12903769_1022365201164248_1632846302_o

どうして橋に欄干がないのかというと

台風や大雨などのとき、橋が沈下してしまい、流木などが引っ掛って橋全体が壊れるのを防ぐためなんです。

この沈下橋は車も通るのですが、多くの人が橋の端に座ったりして風情を楽しんでます。

佐田沈下橋は四万十川最下流にある最長の沈下橋で観光客でにぎわいます。

 

沈下橋を歩いた後、屋形船に乗りました。60分で2000円ほど、船頭さんがガイドもしてくれて、なかなか味のあるトークで楽しませてくれました。

IMG_5815

屋形船の後は、高知県名物の皿鉢(さわち)料理を地元の方に作り方を教わりながら、体験しました。

IMG_5838

酢飯がまだ冷めきっていなかったので、鯖寿司や巻き寿司がかなり崩れたできになりましたが、地元の方々と一緒に皿鉢料理をつくって、お酒を飲みながら、わいわいにぎやかに食べるのは、いっそうおいしさが増します!

その後、民泊して、翌日は一番楽しみにしていたカヌーの体験です。

約3kmをゆっくり1時間ほどかけて下っていきました。
 

四万十川でのカヌーの醍醐味は、なんといっても雄大な景観と静けさです。

3km下っていく中でいろんな景色が楽しめます。

IMG_5818

IMG_5802

ときには止まってみて、仰向けになり、目をつぶって静寂の中で小鳥のさえずりや清流の流れる音に耳を澄ませます。

すると座禅にも似た感覚になり、心が洗われていきます。

IMG_5831

四万十川ではいろんな景色に加え、水の表情も変わり、深い緑の中をゆったり時間がながれていく感じがたまらなくいいですね。

今回は1時間ほどのカヌーでしたが、時間にゆとりがあれば、おむすびでも持って、お昼もカヌーに乗りながら3,4時間ほどゆったりしたいとこです。

カヌーの後は四万十川のさらに上流の方に車で行き、バイキング形式の農家レストラン「しゃえんじり」でお昼を取りました。

IMG_5880

「しゃえんじり」とは幡多地域の方言で野菜畑という意味なんだそうです。

化学調味料を一切使わない地元の採れたての新鮮野菜を使ったお惣菜が出され、店内はお客さんでいっぱいでした。

四万十川に初めて行ってみて、そのよさを味わったわけですが、今度来るときは河原でキャンプしながらカヌーとバーベキューも楽しみたいです。

Sponsored Links

 - 地方