iStay

自然とともに自分らしく!

*

農業体験×グランピング!ザファームに見る日本のアグリツーリズム!

   

イタリア、フィレンツェのアグリーツーリズムなど行ってみたいな〜と思い、大手旅行代理店に相談に行ったことがあるんですが、日本人の需要が少ないせいか、ほとんど情報を持っていない状況でした。

Agriturismo_La_Grotta_del_Montecchino_-_panoramio_-_Emanuela_Meme_Giudic…_(1)

「日本ではどうなんだろう?」と思い、調べてみると修学旅行生を中心とした農民泊が多く、大人が楽しめるものがなかなか見つかりません。

日本の農民泊の場合、大概が農業体験をして、農家の方と一緒に食事して、農家の方のうちに宿泊するといったもの。

農家の方と話をしながら、地元の郷土料理を味わったり、ふれあうことができ、これはこれでいいんですが、大人の場合、「ゆっくりくつろぎたいな〜」と思う時、このやり方ですと「農家さんに気をつかって自分のスタイルでリラックスしにくいな〜」と感じてしまいます。

 

欧米型のアグリーツーリズムですと、景観のいい農村地帯でゆっくり自分の好きなペースで読書したり、好きな地元の食材で自炊したりと大人が楽しめる感じがしますが、「どうして日本では大人の楽しめるアグリツーリズムが実現しにくいんだろう?」と考えてみると・・・

「宿泊所が母屋の中の部屋にあるパターンが大半で独立した離れにないこと」が大きな要因のような気がします。

やはり、ちょっとオシャレ感があり、快適な独立した宿泊空間が欲しいですよね。

となると、農家さんの場合、新たな宿泊施設を建てるとなると、かなりの建設資金が必要となり、難しくなります。

ただでさえ、なかなか儲かりづらい仕事のうえに新たな投資は、厳しいですよね。

そこで考えられるのがテントのキャンプ方式です。
 

ザ ファーム キャンプのグランピング

千葉・香取に8月1日に農園リゾート施設「THE FARM」の中にグランピング施設「THE FARM CAMP」がオープンします。

2016080101

テレビで見たのですが、もうすでに予約がいっぱいとのことです。

ザ ファーム(THE FARM)の場所は
千葉県香取市西田部1309-29
大栄インターチェンジより、車で20分です。

都心からも気軽に行ける距離がいいですね。

このグランピングには、リバーサイドプランとフォレストプランがあり、

設備としては
・セミダブルベッド
・寝袋
・テーブル
・デッキチェア
・ハンモックスタンド
・バーベキューグリル
・シンク
などがついており、自炊できるようになっています。
 

ザ ファーム(THE FARM)内には、このグランピング施設の他

●会員制貸し農園

●天然露天風呂、かりんの湯

●コテージ

●ザファームカフェ

●ザファーム・バーベキュー

があり、手ぶらで自然を満喫できますね。

2016080100

やはり大人が楽しめるためにはこうした設備が充実していて、手ぶらでも気軽に快適に楽しめる空間が景観のいいところにあり、しかも採れたての新鮮な野菜、果物が食べられるといったことがポイントのような気がします。

ザファームの場合、都心から近く、天然温泉までありますから、人気なのもうなずけます。
 

景観のいい場所で農業を営んでいれば、「ザ ファーム キャンプ」のグランピングのように,、グランピング施設を併設すれば、”農業×グランピング”で新たなアグリーツリズムが日本でも始められそうです。

tents_051

自分で畑の野菜や果物を収穫して、採れたてを調理して食べるだけでも、かなり都会人にとっては貴重な楽しいおいしい体験になります。

「農業体験+宿泊」というと、日本では大人数で一緒に農作業して、一緒に食事も作って食べたりと、団体行動が基本となってます。

一昔前、旅行というと日本では団体旅行が主役で、みんなが同じスケジュール、行動でしたが、趣味趣向が多様性を持った現在にあっては下火になってます。

農家民泊もたぶんこれと一緒で、時代は「団体行動から自分の好きなーペースで好きなことをチョイスして、好きなものを食べる!」になっているのだと思います。

そういう意味で、やり方次第では、グランピングは農業と組み合わせたり、星空ウォッチングなどと組み合わせたりなど、いろんなアウトドアの多様性が広がっていき、個人の要望にも応えやすい可能性を秘めたものなんだと今後が楽しみです。

Sponsored Links

 - アウトドア