iStay

自然とともに自分らしく!

*

クラウドファンディングによる自然と共生したビレッジづくりを!

   

クラウドファンディングって前から興味はあったんですが、あまり中身を見ることもなく、そのうち・・・と思っていつの間にか、7、8年経っていました。

このたび、ようやくcampfireによるクラウドファンディングを利用することになりました。

こちらになります。ご覧になって支援くださるとありがたいです。
  ↓  ↓
「パワースポット北霧島でココロとカラダの癒しを。大自然のビレッジを作りたい!」

私の中で自然と共生した大人の楽しめるまちづくりを行うのがライフワークで、いろいろプランを練っていたのですが、やはり大自然の地に住み着かないと前には進まないな〜という考えから昨年、東京から宮崎に引越ししました。

自然と共生したまちづくりと言っても地域、地域によって地域資源は異なり、この資源を最大限に活かしたものにしなければならないので、まずは地域の資源を隅々まで知ることから始まります。

とともに居心地によい場をつくるためには資源を活かすための知恵が必要で、できるだけ世界中のいろんなところを周って、心地よい空間、仲間との過ごし方、自然とのつきあい方など様々な情報をインプットしていくことも大事です。

この1年間、世界のいろいろな場所を見てきましたが、一番インパクトを感じたのがバリ島ウブドのヨガバーンでした。

場的にベストというわけではないのですが、スピリチュアルな空間にしっかりしたヨガやアーユルヴェーダーなどのプログラムがしっかり準備されている点が私にとって新鮮に移りました。

最初、ヨガバーンに行く前は、30分も見れば十分だろうと思っていたのが、「これはヨガのクラスを体験しなければ・・・」に気持ちが変わり、5時間ほど長居してしまいました。

次回行くときには泊まりで行ってみたいと思ってます。

「地域資源」と「できるだけ多くの知恵」が掛け合わされて、この掛け合わされてできたものに共感した者が集まって、楽しい居心地のよい場ができるのかなと思ってます。

ヨガバーンの場合は「スピリチュアルな空間という場の力」という地域資源に、「ヨガ講座プログラム、居心地良く設計された施設」などの知恵が掛け合わせれたいい例かなと感じます。

ただ実際イメージした通りのものをつくろうとすると、莫大な資金が必要だったりします。

この資金が集まるのを待っているといつまで経っても始められないので、どこかで始める必要があります。

最初から一切妥協せずにどんなに時間がかかってもやり遂げていくやり方もありますが、時間とともに時代に合わないものになる可能性もあります。

結局は身の丈に合ったものからスピーデーィに始めていき、どんどんバージョンアップしていくやり方が王道かなという気がします。

というわけで、このたび身の丈サイズから自然と共生したビレッジづくりを始めていきますので、多くの方にご支援いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします!

「パワースポット北霧島でココロとカラダの癒しを。大自然のビレッジを作りたい!」

Sponsored Links

 - ライフスタイル